晴耕雨読

おやおや、いらっしゃい

賞味期限切れの「水」を飲んだ結果

夕食後、ウトウトしていた僕はそのまま眠ってしまい、部屋の暑さで目を覚ましました。

激しい喉の渇きを感じた僕は何かなかったかなと冷蔵庫の中を探しましたがなにもありません。

冷たい物が欲しかったし、コンビニにでも行ってこようか、でも億劫だな、なんて考えていると、ふと非常用の水が冷蔵庫に入っていることを思い出しました。

非常用の水なのですから普段は手をつけない物ですが、その日に限って「まぁいいや」

と思いその水を飲んでしまう事にしました。

 

f:id:amenominakanushi:20160918100434j:plain

 

 

グビグビと水を一気にあおり、プハ~と一息ついて、さわやかな清涼感にひたっていた僕はふと、飲み口の下の部分、賞味期限が記載されている部分に目をやりました。そこには

 

           2013・12・18 

 

とありました。

 

え・・・にせんじゅうさんねん・じゅうにがつ・はつか・・・・・?

 

今年は2016年・・・・

 

・・・・にせんじゅうしゃんねん・じゅうにがちゅ・はちゅか・・・

 

 

それを見た僕から先ほどのさわやかな清涼感は吹き飛び、ついでに表情も消えました。

 

賞味期限は基本的にはただの目安でしかありません。しかしさすがに三年近くも過ぎているとなると、開き直るには少し厳しいものがありました。

 

過ぎ去った年月の重さを考えていると、なんかだんだん気分が悪くなってくるよう気がしました。

 

しかし冷静になって考えてみると、飲んでみた感じ特に変な味はしなかったし、何か変な匂いがするという事もなく、水自体にも何か濁りがあるだとか、不純物が浮いているだとかそういう事はありません。

 

      「・・ん、まぁ大丈夫なんじゃね・・?」

 

と単純にも思い始めた僕でしたが、一応安心を得るために水の賞味期限についてネットで調べてみる事にしました。

 

色々調べてみた結果、結論から言うと、きちんと適切な保管をしていればペットボトルの水が腐るということは基本的には無いのだそうです。

(一度開けたものは別)

そもそも賞味期限とは消費期限とは違い、美味しく食べられる味や風味を保証してくれる期間のことであり、それを多少過ぎたからといって別に腐って飲食できなくなるわけではないのです。

 

しかしながらペットボトルの水という物は長期間保管していると周りの食品だとか空気の匂いなんかが移ってしまう事があるのだそうです。

(腐るわけではないので気にしなければ大丈夫らしいですが)

 

 

つまり賞味期限切れの「水」を飲んだ結果、全然大丈夫でした。

 

 

僕が飲んだ水はもう三年近く賞味期限が過ぎていましたが味の劣化などは感じられず、

冷蔵庫に保管していましたが、周りの空気や匂いが移っているという事もありませんでした。(まぁ大した物が入ってなかったってだけかもしれませんが)つい今しがたこの水をスーパーかどこかで買ってきたと言われても疑う事は無い、と言える程です。

 

 

そうして安心して無敵の万能感を得た僕は飲みかけていた水を一気に飲み干し、残りの保管してある水もコーヒを入れる時やカップ麺を作る時に使ってみようなどと考えるのでした。(ミネラルウォーターとかで作るとおいしいらしいですね)

 

                   ↓

 

※筆者はアホで単純なので大丈夫でしたが、やはり賞味期限が過ぎた水を飲むことはおすすめ致しません。ペットボトルの水が腐らないというのも絶対ではないので、賞味期限が過ぎた水は飲用ではない別の用途に使うか、破棄するのが無難だと思います。

あくまで緊急時などの知識としてお役に立てれば幸いです。