晴耕雨読

おやおや、いらっしゃい

キラッキラのお名前☆

ロールプレイングゲームなんかで主人公の名前を決める時、僕は無駄に悩んだ挙句、結局しょうもない変な名前をつけます。

 

そうしてゲームを進めて、ゲームの主人公やストーリーに感情移入したころに「なぜこんな雰囲気をぶち壊す様な名前をつけたのか」と微妙な気持ちになるのです。

ああいうのって最初に設定されていた名前なんかをそのまんま使うのが結局は一番無難で良いと思うんだけど、変に凝った名前を付けようとしてしまうのは人間の性かなんかなんでしょうか。

 

 

少し前の事ですが、昔の知り合いと会って「結婚した」という報告を受けました。

他の知人たちからそのことは聞いていたし、子供が産まれていた事も聞いていたので、すぐに「おめでとう」と話ははずみ、いくつかやり取りをした後、その流れで僕は「子供、名前は?」と尋ねました。

 

知り合いが口にした子供の名前は、俗にいう「キラキラネーム」に該当するんじゃないかと思われる響きの物でした。

 

知り合いとあれこれ話をしながら僕は、その子供の名前が気になって気になって仕方がありませんでした。

 

指摘するべきなんだろうか・・しかし他人の僕がとやかく言う筋合いはないと思ったし、ラノベとかアニメに出てきそうな名前ではあったけど、人の名前としては常軌を逸しているというわけでもないような気がしないでもない。

 

 

おめでたい話の腰を折るのもなんだったので結局は何も言わなかったけど、どんな漢字をあてるんだろうなぁなどと話の後、しばらくぼけっと考えていました。

 

しかしアニメっぽい二次元的な名前も小さな子供の頃ならまだいいかもしれないけれど、こういう名前って年をとればとるほど呪いの様にどんどんキツくなっていく様な気がする。

でもまぁ、今は周りに似たような名前の子が結構いるから将来的にはそんなに気にならない時代になったりする・・・のか?

 

 

僕の名前はいたって普通のもので、学年にも一人か二人同じ名前の奴がいたようなありふれたものだけど、おかげで名前で悩んだことも、それが足かせになる様なこともありませんでした。

 

名前というものを服に例えるとして、生まれた時に一着ジャケットを渡されて、それをこの先学校にも会社にもパーティーにも厳格な席にも、どこへ行くにも着て行かなくてはならないのだとしたら、多少地味でも無難で着回しのきく物が好ましく、奇をてらったビビッドカラーの物や虎柄なんて物は使いづらいでしょう。

 

長く、そして頻繁に使う物ほど個性的な物よりシンプルな物の方が僕は良いと思うので、もしも子供に名前を授けるのなら無難でなるべくシンプルなものを授けてあげたいと思います。

 

自分の子供は特別で他と違うオンリーワンの名前を付けてあげたい気持ちは分かるし、僕も

 

女の子なら

 

「☆あるてみす☆」

 

男の子なら

 

「†キルマシーン†」

 

 

とか付けたいけど、親の一方的な趣味趣向や願いなど子供からしたら「勘弁してくれ」って場合の方が多いと思うので、良くも悪くも目立たないそんな名前を考えたいものです。

 

うーん、けどやりすぎると「キラキラネーム」、地味すぎても今度は逆に「しわしわネーム」(古風な名前の事)なんて言われてしまうのでなかなか線引きというか、バランスが難しい気がするなぁ~。

 

 

多分、名前ランキングとかの40~50位辺りから見繕ってくるのが無難な気がする・・。

 

 

 

 

どうでもいいけど双子の姉妹とかだったら「シャネル」と「プラダ」とかいう名前をつけてみたい。

 

 

 

 

 

今週のお題「恋バナ」

 

 

 

そんなものはない。

 

 

                    おわり

 

 

 

おまけ

 

「命名」

f:id:amenominakanushi:20170120132317p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20170120132332p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20170120132425p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20170120132443p:plain

とりあえず下ネタの精神