晴耕雨読

おやおや、いらっしゃい

★立ちっぱなし健康法★

立ちっぱなし健康法とは、別にいかがわしい意味の物ではありません。

 

その名の通り、日常生活をなるべく座らずに立ったまま過ごそうという僕が日々実践している健康法の事なのです。

 

電車なんかに乗ってもなるべく座らず、日常アニメも立ったまま視聴し、エッチな画像をネットで漁る時も立ったまま行うのです。(健康法的な意味で)

 

 

この健康法を実践する以前に僕はアンニュイな時間に浸りながらこう思いました。

 

 

「最近あんまり歩いてないにゃあ^^」

 

 

少し前までは電車で移動することが多く、家から駅、駅の構内など徒歩で移動する機会も多く、一駅二駅くらいの距離ならば徒歩で移動してしまったし、多少距離がある場合は自転車を使って移動していました。

 

しかし、今は車が必須な地域に住んでいて車に依存しているせいか、めっきり歩く機会などが減ってしまっているのでした。

 

例えばスポーツなどで、それまで続けていた練習をしばらくの間サボったとしたら、次に練習を再開した時、自分の体が以前より鈍ってしまっていると感じるでしょう。

 

このままどんどん立ち上がって歩く機会が減り続け、重力に逆らうことなく、日々座ったままでいる時間の方が増えていったらどうなるのでしょう。

なんだか急に危機感を抱き、

 

 

「マジやばいにゃあ^^」

 

 

と思った僕は早急に打開策を打ち出さなくてはならないと悪い頭を働かせ始めました。

 

しかしながら、やはり移動にどうしても車などが必要になってくるので、歩く機会などは中々増やせそうにないし、普段ジョギングしたり体を動かすようにはしているけど、もっと日常的に対策をした方がいいんじゃないかと思いました。

 

そこで頭が悪いのが功を奏したのかとっても単純な事を思いつきました。

 

 

「ずっと立ってたらいいにゃあ^^」

 

 

カツオやのび太君が罰としてなんで廊下に立たされるのか、それは重力に逆らってずっと立ってるという事はそれなりにしんどい事だからなのです。

 

 

これは我ながら中々いい思いつきなんじゃないかと思い、さっそく開いている時間などに立ちっぱなし(健康法的な意味で)を実践してみる事にしました。

 

 

最初は結構しんどい・・というよりかったるいという感じで、普段座っている場面でもずっと立っているというのは所在なく、なんだか落ち着かない物でした。

 

しかし所詮はただ突っ立ているだけ、かったるいとは言っても数日もすれば結構すぐに慣れてしまうものでした。

 

 

 

うーん、こんなんでいいんだろうか。

 

 

 

なんかが違う気がするんだぜ。

 

 

 

少し考えて、またとても単純な事を思いつきました。

 

 

 

重くすればいいにゃあ^^」

 

 

そう、単純に負荷を増やせば効果が倍増するんじゃないかと考え、登山のザックに登山用具をいっぱいに詰め込んで背負って立ってみました。

 

 

 

「あ・・❤ ああ・・❤ ああ^~❤」

 

 

 

これ足腰くる❤ずっと続けてたらなんかくりゅ❤お、やべ❤

 

 

 

と、求めていたものはこれだったのだと合点がいき、ここに俺式「立ちっぱなし健康法」が確立されたのでした。

 

このなるべく無理なく思い荷物を背負ってただ突っ立ているだけという、とても単純で地味な健康法を僕は時間がある時にただなんとな~く続け、時には

 

 

「何でこんなことをやっているんだろうにゃあ^^」

 

 

という切ない思いに駆られたりもしましたが、しかしこの健康法、地味なだけに地味にすごい効果があるのです。

 

 

 

僕はこの健康法を今の所一年近く実践していますが、まず第一に

 

 

ずっと立ってても疲れなくなった。

 

 

似たような事を実践している人の情報をネットでちらほら見たことがあって、そこでもずっと立っていても疲れなくなるというような事が挙げられていたけれど、これはマジ★ただ座らずに立ってるだけなら、一日中でもあんまり苦にならないかもしれません。

 

派手さはないけれど、足腰という土台が地味~に強化されているのを実感しました。

 

すっげぇ使えるんだかそうでもないんだかよく分らない強化ですが、本屋での立ち読みが捗るし、校長先生のお話もこれでへっちゃらですね。

 

 

第二に

 

ずっと歩いてても疲れなくなった。

 

 

旅行先などで、一日中周囲の観光スポットなんかを散策しても特にどうということもなく、以前ならそろそろ腰を下ろしたいと思う様な場面でも結構平気で、明らかに以前よりも粘り強い足腰になっているなと思いました。

 

歩く機会が減り、足腰が弱くなるのを危惧して始めた健康法なのでこの効果は嬉しく、思い付きで始めた事だけれど、どうやら的外れというわけでもなさそうで、個人的には一番成果を実感するものと言えました。

 

第三に   

 

 

なんか痩せた。

 

なぜか数キロ程痩せました。

この立ちっぱなし健康法によるものなのか定かではないのですが、他に心当たりがないので多分これでしょう(適当)

 

この立ちっぱなし健康法、ただ突っ立ているだけと言っても、別に直立不動で静止しているわけでもなく、足腰にかかる負荷を分散させるため、あと手持無沙汰なのも手伝ってやっていると結構ちょこちょこ動き回ってしまうんですね。

 

部屋の端から端を行き来したり、謎のステップを刻んだりと・・

 

本来、立っているというのはそれなりに消耗する行為だし、ちょこちょこ動き回るのも

手伝ってそれがおそらく地味~なカロリー消費を生んだのでしょう。

 

ダイエット目的で始めたわけではないので、意外な効果があるものだと思いました。

 

 

 

 

と、上で挙げた三つが僕が効果を顕著に実感したものです。

他にももしかしたら健康的な、なんらかの効果があるのかもしれませんが

 

よくわかりません。(適当)

 

この先新たな効果を実感したらまたそのうち報告したいと思います。

 

 

 

それにしても、人間は重力に逆らい二本の足で立ち上がり、両の手を自由にすることで今の姿を手に入れたのだから、人間が更に進化した姿とは重力を制し、宙に浮かび上がり、今度は両の足をフリーにした姿なのかもしれません。

 

なんかラスボスとかって宙に浮いてる奴が多いですもんね。

 

 

だから僕もこの健康法を続けて重力に逆らい続ければいつか†穢れた大地†と決別し、宙に浮く日がくるのかもしれません。

 

 

 

 

 

ʅ(◔౪◔ ) ʃ「ハハッ、イミワカンナイ」

 

 

 

 

しかしながら、足腰とは人間の土台であり基本でもあります。

その足腰が弱ってしまったら、なにか行動するのが億劫になり、人生はどんどん消極的なものになってしまうかもしれません。

 

 

もし自身の生活を見直して見て、立って歩く事よりも、椅子などに腰を下ろしてい時間の方が長いのだとしたら、それはとっても危険な行為かも。

 

 

この立ちっぱなし健康法(誤変換注意)は、一応どこでもできるし、お金もかからないし、運動の得意不得意なんかも関係なく、スクワットとかするよりも多分楽だと思うので、興味のある人はやってみるといいにゃあ^^

 

あなたの人生のなんかの役にたつ、かも、ネ☆彡

 

 

 

 

 

 

 

(´・ω・`)先週の台風、コロッケ買ってお菓子も買って備えてたのに夜中に来て、朝には去っていたんだぜ。

 

 

 

おまけ

 

「タイフーン・ハイ」

 

f:id:amenominakanushi:20170922210544p:plain


f:id:amenominakanushi:20170922210556p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20170922210610p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20170922210622p:plain

ほんとにコロッケが売れてたよ