読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴耕雨読

おやおや、いらっしゃい

お金持ちとそうじゃない人と神頼みと

 

ちょっと前に大型のショッピングモールに買い出しに出かけた帰りに、天気が良く気持ち良かったので、散歩がてらその近くにある神社にちょっと立ち寄ってみることにしました。

 

正直その神社には何が祀られていてどんなご利益があるのか知りませんでしたが、とりあえず本殿の方へ行き、参拝でもする事にしました。

 

財布の中には何故か五十円玉が何枚も入っていたので、一枚を賽銭箱に放り投げ手を合わせ、特にお願い事も思いつかなかったので、とりあえず「お金欲しい」とかなんかそんな事をお願いしました。

 

そういえばこうして神社なんかに立ち寄って参拝する時願うのは大体「お金欲しい」とかそんなんばっかな気がするなぁ。

 

まぁ世の中大抵の事はお金があれば大体何とかできるので、そう願っておくのが無難なのかもしれません。

 

しかしそうやってお願いしてきた割に、僕がお金持ちになれていないのは僕の信仰心がショボいせいか、それとも僕が大金を持つにはあんまりふさわしくない人間だからなのでしょうか。

f:id:amenominakanushi:20161024152620j:plain

 

僕が昔ピザのデリバリーのバイトをしていた時の話です。

ピザを注文する人というのは一人暮らしのサラリーマンや学生なんかも多かったけど、

ピザって結構割高で値が張るものなので、固定客や常連というのは中流家庭とかそれ以上の裕福な家が多かった様に思います。

 

僕がバイトしていた地域はそういったいわゆる富裕層 の方が特に多めで、よくそういった人達の住む大きな家やマンションにピザの宅配へ行ったのを覚えています。

 

「うわ、すげぇな・・」と思うような普段なら縁のない、豪華できらびやかな家やマンションを訪問できるのは、こういった仕事の特権の様なものでなかなか面白いものでした。

そうして富裕層の人たちの家にピザを配達していて僕は一つ思った事がありました。

 

それはこういう富裕層の人達というのは

 

「人間的に余裕のある人が多い」

 

というものです。

 

僕がピザを持っていくと、「ありがとうございます」と笑顔で丁寧に言ってくれる腰の低い方が多かったし「雨の中ごめんね」などこちらを心配してくれる人も結構いたし、ジュースやお菓子なんかをくれる人もいました。

お金持ちの人というのは皆笑顔で明るくキラキラしていて思いやりのある人が多いなぁと感じました。

 

しかしそれとは反対に、こういっては何ですが、金銭的にあまり豊かでなさそうな人というのは富裕層の人達とは逆の傾向がある様に思いました。

 

僕がピザを持っていくと何かと横柄な態度を取る人や感じの悪い人が多く、「そんなこといわれてもなぁ・・」という様なネチネチしたクレームを言ってくる人なんかが多く、言ってしまえば

 

「人間的に余裕の無い人が多い」

 

と思いました。

 

それにどこか暗くムスッとした表情の人が多く、住んでいる建物も富裕層の人たちのそれとは違い、寂れて荒んだ印象を受けました。

 

 

もちろんこれはただ僕が個人的に感じた傾向であって、全ての人がそうだったというわけではありません。

お金持ちとかお金持ちじゃないに関係なく優しい人はたくさんいたし、そうでない人もたくさんいました。

 

それにお金がたくさんあった方がそりゃ精神的にも余裕がでるだろうなぁと思うし、お金に余裕が無ければ精神的に荒んでしまうのは人間ならば仕方ない事だなぁとも思います。こんな時代だし、日々の心労やストレスもありますからね。

 

しかし僕がピザを配達していて思ったのはお金や栄光に選ばれる人というのはきっと

 

「どんなときでも人の心配ができる様な思いやりと余裕のある人間」

 

なんじゃないかなぁと思いました。

 

お金があるから余裕があるのではなく、余裕があったからお金持ちになれたんじゃないのかなぁと思うのです。

 

よくドケチの方がお金持ちになれるなんて聞くけれど、僕は自分がピザ配って得た教訓を信じて僕もそんな余裕のある人間を志そうと思いました。

 

 

 

しかしあれから何年もたって、余裕のある人間を志したつもりがただの

 

 

能天気なおバカさん

 

 

みたいになってしまったのは一体何故なんだぜ?

 

 

 

結局人間というのは分相応というものがあって僕はやっぱり目もくらむような大金には縁がない人間なのかもしれません。

 

まぁ大金を稼ぐにしったって苦労や労力も大きいだろうし、ほどほどがちょうどいいかと僕自身思いますが、人間の欲望というものは中々無くならんものです。

 

僕が参拝していると熟年の夫婦の方たちがスッと賽銭箱にお金を丁寧に入れ、そしておそらく正しい参拝の仕方で(二礼二拍手一礼ってやつかな)熱心に何かを拝んでいらっしゃるのを横目で見て、のしのし歩いてきて小銭を放り投げ適当に手を合わせ

 

ʅ(◔౪◔ ) ʃ「おかね♡」

 

 

と、せびる自分のあまり知的とは言えない行動にやるせない気持ちになりましたが、ソフトクリームを売っているのを見かけ、それを買ってさっさと帰ることにしました。

 

 

 

それにしても、特に神仏に信仰心があるわけでもないのにこうして神社なんかにくると、わざわざお金を入れて熱心に何かを拝んでしまうのは何故なんだろう?

 

どんな人間も追い詰められると最後は大抵神頼みをしてしまうし、人間は無意識のどこかで神様の存在を知っていて、肯定しているのかもしれませんね。

 

f:id:amenominakanushi:20161023201410p:plain

 

 f:id:amenominakanushi:20161024150210p:plain

 

(´・ω・`)ちなみに神社の正しい参拝作法だじょ~

matome.naver.jp

 

(´・ω・`)知らないとなー

 

 

 

(´・ω・`)恥かくかもしれないもんなー

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

「ねがい」

f:id:amenominakanushi:20161023201440p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20161024150251p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20161023201459p:plain

 

 

f:id:amenominakanushi:20161024150627p:plain

ふっわふわの乗り心地。

 

 

(^ω^ ≡ ^ω^)おっおっおっおっ