読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴耕雨読

おやおや、いらっしゃい

定番を超えろ

イラスト

僕はよく袋ラーメンを食べます。

 

中でもサッポロ一番シリーズが大好きで、袋ラーメンは基本これしか食べません。

 

サッポロ一番シーリーズはとんこつやカレー担々麺など味の種類がとても豊富です。

 

www.sanyofoods.co.jp

僕は毎日の様に、母の乳を求める乳飲み子の様な純粋さで、今日はこの味今日はこっちの味とサッポロ一番をズルズルとすすり続けました。

 

サッポロ一番に育まれながら幾年月、やはりというべきでしょうか、僕は一つの結論にたどり着きました。

 

結局、塩、みそ、しょうゆの定番を超える味が存在しない。

これは僕個人の感想でありサッポロ一番の名誉のために言わせてもらえば、どの味もただ種類を増やすためだけの二番煎じなどではなく、きちんと一つの味として完成していてとてもおいしいのです。

 

おいしいのですが、しかし・・

 

様々な国を訪れ胸を焦がすような旅路と冒険の果てに、それでも最後に目指す場所が故郷であり我が家である様に、この三つの定番の味へと人は回帰してしまうものなのです。

 

それほどまでにこの三つの定番の味は完成し、完結していると言ってしまっていいでしょう。

特にみそ味の完成度は袋ラーメン史上に残るものがあるでしょう。

 

サッポロ一番 みそラーメン 5食×6個

サッポロ一番 みそラーメン 5食×6個

 

 

 

 「いや、だからww」と言って認めない友人と「バーカ、バーカ!」などと舌戦を繰り広げたりもしましたが、一番はみそです(断言)

 

もしも二次元に行けるのと引き換えに、サッポロ一番はみそしか食べられなくなると言われても僕は躊躇しないでしょう。

 

 

 

しかしながらサッポロ一番に限らず、最終的に定番の味に回帰してしまうのはどの商品にも言える事なのではないでしょうか。

 

日清のカップヌードルも新商品が出るたびに試しに買ってみるのですが、結局はしょうゆ、カレー、シーフードを超えるものはない気がするし、清涼飲料水なんかもなかなか新しい味には巡り合えません。

(でもこの間飲んだ午後の紅茶のこだわり素材のトロピカルティーはすんごいうまかった)

 

 

 

しかし中には定番を超えてしまった商品なんかもあります。

 

僕の中でのそれはアサヒスタイルフリーなのです。

この商品はビールの定番中の定番、アサヒスーパードライの派生の商品で、緑のラベルと糖質ゼロというのが特徴です。

 

 

 

すっきり爽快な飲み心地で初めてこのビールを飲んで以来、ビールはこれしか買わなくなったほどです。

 

オリジナルのアサヒスーパードライもおいしいのですが、もうこれでなくては満足できない体になってしまったのです・・。

 

 

暑い夏は特にうまい・・・。 

 

 

お風呂上りとかしゅごいの・・・。

 

 

 

コカ・コーラコカ・コーラゼロの方が美味しいと思うんだよなぁ。

 

 

まぁこれらは僕の個人的な感想ですが、あなたの中にも定番を超えた美味しい商品があるんじゃないでしょうか。

 

 

f:id:amenominakanushi:20160913004046p:plain

 

 

f:id:amenominakanushi:20160913004046p:plain

 

 

f:id:amenominakanushi:20160913004058p:plain