晴耕雨読

おやおや、いらっしゃい

僕が脇好きになった話

最近ネットのサイトやなんかを見ていて、世間には脇好きの方が多いなぁと思いました。

例えばニコニコ動画なんかで女性のキャラクターなどが腕を上げ脇が見えたりなんかすると、それに反応した「脇!!」といった様なコメントがドッと流れます。

しかし、特に脇好きというわけではない僕はそれらを見ても「あ、うん、脇だ」ぐらいの感想しかありませんでした。

 

本来、異性を引きつけるフェロモンというのは脇の下から多く分泌されていると聞くし、僕も女性の脇を見て何も感じないわけではありません。ただおっぱいおしり、ふとももなどの部位ほどの魅力は感じませんでした。

しかし、全国の脇好きの方達の意見を見てみると、おっぱいおしり、ふとももと同等か、あるいはそれ以上の情熱をもって脇を愛でているのだと僕は感じました。

彼らの情熱にあてられたのか僕は自分がものすごく損をしているんじゃないかと思うようになりました。

少し世界の見方を変えたのなら、そこにはとても素晴らしい世界が広がっているかもしれないのに、僕はいつもそれを見流していたのかもしれない、と思いました。

酒の味が分かるようになり、皆が酒の肴に舌鼓を打っている中、自分だけ「かれーらいすっ!はんばーぐっ!おむらいすっ!」などといった子供の味で満足しているような、そんな幼稚ささえ感じました。

趣向は人それぞれなのだから、それは別に悪い事ではないのかもしれません。しかし女性の美しさを探求する一人の男としてこのままではいけないな、と思いました。

 

それから僕はTVを観るとき、ネットで動画や画像を見るときなどはを注視するようになりました。

そうして違う視点で物事を見てみるとそこには今までとは違う世界が広がっていることに気づきました。

 

おっぱいおしり、ふとももばかりを見ていた頃には気づかなかった発見や製作者のこだわりなんかが分かるようになりました。平凡だと思っていた風景がたちまち彩を変え、少年のようなワクワク感が僕の心に芽生えたのです。

 

 

そうしての持つ神秘的な魅力に気づいた僕の世界は確実に広がり変わりました。

 

 

「世界を変えたければ自分を変えろ」

こんな言葉がありますが、それはきっとこういうことなのだろうと僕は思います。

 

 

 

うーん、でも僕みたいな輩が増えると将来脇に規制が入ったりするのかなぁ

女性キャラが腕を上げたところに謎の白い光がさしたり(´・ω・`)

さすがにないか・・・・いやでもやりかねないかも・・いやいやないよね?