読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴耕雨読

おやおや、いらっしゃい

嗚呼、素晴らしき人生をもう一度

あなたは自分の人生をやり直したいと思うでしょうか。

 

人間は大なり小なり失敗と後悔の連続の上に生きている生き物だと思うし、おそらく誰もが一度は人生のやり直しについて考えたことがあるんじゃないかと思います。

 

割と能天気に生きてきた僕にも、後悔してもしきれない失敗はいくつかあるし、お金を払ってでも帳消しにしたい思い出の一つや二つや三つはあるものです。

 

 時々自分の稚拙な過去を思い出しては

 

「お”お”お”お”お”ん”っ”!!!」

 

 などと羞恥でうなり、現在の記憶を引き継いだまま過去に遡り、新しい人生を開拓する事ができたらなぁと考えてしまいます。

 

 

しかしながら、そんな妄想に浸りながらも僕は一つ思う事があります。

 

それは

 

「人間は絶対に過去をやり直す事も修正することもできない」

 

 という事です。

 

 

時間を遡行できる人間などおそらく存在しないだろうし、当たり前と言えば当たり前の話ですがしかしもし、人類がいつか本当にタイムマシーンを完成させ過去と現在を行き来できる日が来たとしても「人生のやり直し」は誰にもできないんじゃないかと思うのです。

 

これは僕がただ漠然とそう思っているというだけの事なので別に理路整然とした根拠があるわけではありません。

 

ただなんとなく、神様とか宇宙のなんたらとかにそういうルールの様な物を人間は与えられているんじゃないのかなぁと思うのです。

 

 

 

ドラえもん「人生やり直し機」というエピソードがあります。

小学五年生ののび太君がその記憶を保持したまま五歳の自分まで時間を遡り、人生をやり直すという話です。まさに誰もが考えているような妄想を具現化した様な話ですね。

 

五歳にして漢字が書け、計算もできるのび太君を皆が「天才だ」だと言い、のび太君はすっかり天狗になって、迎えに来たドラえもんに「自分はこのままここで暮らす」などと言いますが、「このままここで暮らしていくとどうなるか」というのをドラえもんがタイムテレビを使ってのび太君に見せてくれます。

小学校低学年のうちは同じように勉強に運動と活躍するのび太君でしたが、しかし元の年齢、小学五年生の自分に時間が追いつくとすっかりいつもと変わらないダメダメなのび太君に戻ってしまっていたというオチです。

 

純粋な幼い頃にを見たせいか、このエピソードは強烈な印象となって今も僕の中に残っています。

 

のび太君はただ幼い頃に戻り、小学五年生の自分の知識なんかをひけらかしていただけで、そこから努力をしなかったのだから未来が変わらなかったのは当たり前かもしれません。

 

しかしおそらくのび太君に限らず、誰がこの「人生やり直し機」を使って過去に遡っても同じような結果になるんじゃないのかなぁと思うのです。

 

例え過去に戻って前回とは違う選択肢を選んで違う生き方をしたとしても、どこかでなんらかの帳尻合わせみたいな事が起こって結局根本的に未来は何も変わらないんじゃないかと思います。

時間遡行物にもよくそんな風な話はありますね。

 

よしんば過去を帳消しにして、望み通りの人生を手に入れたとしても未来は未知なる物である事になんら変わりはありません。

ある程度正解が分かっている過去とは違い、未来は色々な事につまずきながら手探りで、みっともなく、失敗と後悔を繰り返しながら、結局それまで積み上げてきた過去と同じ様に進んでいくしかないのです。

 

つまり何が言いたいかというと

 

 

 

 

 ʅ(◔౪◔ ) ʃ「過去をうだうだ後悔したり悩んでも仕方ないという事ですな!」

 

 

 

 

 僕のこれまでの人生は、いびつで不細工な軌道を描いていて支離滅裂で、物語の主人公の様に華麗に美しく生きることはできなかったけど、それでもそれなりに積み重ねてきた物と思い出と愛着があるので「過去をやり直したいか」と実際聞かれたらすごく悩むけれど「NO」と答えるかもしれません。

 

それにやはりどの様な方法を用いても、人生を盤石で華麗で完全な物にはできないと思うし、どうしようもない過去をずっと悩んだり、どうなるかも分からない未来にいつまでも怯えたり、泥臭くてみっともなくても、何とか一所懸命に生きているのが人間で、人間はそれで良いと思うのです。

 

(´・∀・)まぁもしタイムマシーンがあったのなら、過去を色々見物して回りたいもんですけどねー。

 

f:id:amenominakanushi:20161018012003p:plain

 

f:id:amenominakanushi:20161018012012p:plain

 

 

 

 

(´・ω・`)昔ギャルゲーとかエロゲーとかいっぱい持ってる友達がいて、そいつの家に入り浸っていた事が現在に至るまでの人生の方針を決めてしまった様な気がするんだけど、あれは修正すべき過去なのかなぁ~。

 

 

 

 

 おまけ

 

 

「人生に行き詰まった時にして欲しい体操」f:id:amenominakanushi:20161017220431p:plain

①サタデーナイトフィーバーのポーズ後、手榴弾を上手投げする

 

f:id:amenominakanushi:20161017220441p:plain

②逆さ垂直飛び後、右ミドルキック(普通の垂直飛びでも可)

 

f:id:amenominakanushi:20161017220448p:plain

時をかける少女のポーズ後、媚びた猫のポーズ ①に戻り限界までループ

 

 

f:id:amenominakanushi:20161017220455p:plain

何とも言えない気持ちになった。

 

 (^ω^)ヌッフッフッ